一生使い続けるには?|お洒落なレディースピアスでプチイメチェン!「新しい自分になろう」

一生使い続けるには?

男性

保管する環境

時間管理をする為にも腕時計は身につけておきたいですね。腕時計の歴史は古く、昔ながらのデザインや性能は現代でも通用するほど注目されています。腕時計は上質なものであればあるほど長期的に持ちますが、湿気に弱い為、保管する環境には十分に気をつけましょう。一度サビができると綺麗に取り除くことが困難です。

普段のお手入れ

腕時計を身に着けていると汗や皮脂汚れが付着します。自宅に帰ってきたら、毎日それを綺麗に拭き取るだけでも新品状態がキープできますよ。それから週1か、最低でも月1で念入りにお手入れしましょう。
金属ベルトの場合は食器用洗剤少しとお水で軽く泡立て、歯ブラシで細部の汚れを取り除いていきます。本革ベルトだとそれができないので、洗剤を混ぜた水に浸け置きしてもみ洗いすること。
皮脂が蓄積されると臭いや変色に繋がるので、定期的なお手入れは必須です。

高品質の性能

国内外に高品質の腕時計を作り出すブランドやメーカーがあります。世界的に有名なハミルトンはスイスにある自社で、昔作られたデザインアレンジを始め、それもまた高い人気を誇っています。また性能・デザイン共に、腕時計業界で上位に位置するのも頷ける割にコスパは高いもの。メンズやレディース向けで多種多様なデザインの商品が販売されているので初めての腕時計に選んでみては?

大人気!国産ブランドの特長を徹底比較

セイコー

セイコーの特長である「スプリングドライブ」。これはクォーツ式と機会式のいいところを総取りしたようなもので、精度と動力の高さは他の時計に負けず劣らずです。2つのメリットをもつセイコーの腕時計は、今や世界的にも人気を高め、各国への輸出量を増やしています。

カシオ

機械仕掛けによる正確性を誇るセイコーに対し、カシオは電波による正確性が最大の特長です。電波時計は以前より増していますが、実はその歴史は古く、2000年以前から誕生していました。電波時計の走りとなるカシオは性能のみならず、デザイン性にも優れていることでも高く評価されています。

大切に扱うことが大事

お気に入りの腕時計を長く持ち続ける為には、腕時計そのものに情をもつことです。ときにはオーバーホールというメンテも必要ですが、普段のお手入れに勝るものはありません。防水時計でない限り、水場では外して使用し、なるべく湿気からも守ってあげましょう。

大切な時計の守り方

男性

一生使い続けるには?

自分ではなかなか進んで買わないような高級腕時計を、なるべく長く使い続けたいなら毎日とは言わずともきちんとお手入れすること。製品によって異なるお手入れ法はここからチェックしましょう。

READ MORE
広告募集中